ネクストミュージアム

kihonkousou.jpgのサムネイル画像  当館では、平成12年度に1年間をかけて博物館活動を全面的に見直し、これからの博物館活動のあるべき方向を『人と自然の博物館の新展開』(以後、「新展開」)としてとりまとめました。

(「新展開」の要約版は
   >> こちら sintenkai.pdf(PDF 7.87MB))     

 平成13年度には、「新展開」に基づき、1年間の試行を経て、平成14年度から平成18年度までの5年間の事業の目標となる「中期目標」を定めました。
 この新展開および中期目標策定の流れの延長として、平成15年度、ひとはくは次のステップに向けた本格的な活動をスタートさせました。まず、特別プロジェクトとして「ネクスト・ミュージアム・プロジェクト」を新たに立ち上げ、中長期的な構想をじっくり練るとともに、すでに開館後10年を経過した展示のリニューアルに向けた検討と実践に着手しました。
  平成15年度は、若手研究員がワーキンググループを構成し、キャラバン事業でお世話になった地域の方々やさまざまな来館者に対するヒアリング調査、国内・海外の事例調査、アドバイザーを招聘しての勉強会を重ねました。
  平成16年度は、新しい展示の実現に向けて、施設整備等にかかる課題の抽出・整理等を行うと同時に、事業内容やその運営体制についても再検討し、「新たな人と自然の博物館基本構想」の素案づくりに取り組みました。
  平成17年度からは、学識者、関係団体、行政などから構成される基本構想策定委員会を設け、21世紀型の新たな人と自然の博物館の役割、展示、事業プログラム、システム、施設整備などについて検討を行いました。そして、その中でとりまとめた構想案に対するパブリックコメント手続きを経て、平成18年度に「新たな人と自然の博物館基本構想」を策定しました。
  

(基本構想報告書は >> こちら kihonkousou.pdf(PDF 6.52MB))


  平成19年度は、この基本構想を実現するための基本計画策定しました。ひとはくの活動はこれからどんどん加速していきます。これからのひとはくに、こうご期待!

(基本計画報告書は >> こちら kihonkeikaku.pdf( PDF 1.1MB))


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.