ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


ひとはくレタ―第52号

2014年4月1日に当館WEBサイトを全面リニューアルしました。
「ひとはくレターバックナンバー」の第83号以前に記載されたウェブサイトへの一部アドレスはリンクエラーとなりますので、何卒、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  =====ひとはくレタ―第52号 2011/8/30====*
                        兵庫県立人と自然の博物館 
                          http://hitohaku.jp
  このたびの東日本大震災で被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます
とともに、早期の復旧、復興をお祈り申し上げます。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ○●今月のもくじ●○
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━8月30日(火)━
【1】今月の「ひとはくのつぶやき」~・:.,;
●「ひろめよう "ジオる"!?」
●「いきものかわらばん」締切り迫る!
●第13回ボルネオジャングル体験スクール
●こんにちはフロアスタッフです。~9月のイベント紹介

【2】ひとはくの展示はちょっと違うぞ!
●夏休み展示特別企画「ファーブルたちの夏―昆虫の世界2011」
●ミニ企画展 ひとはくの被災地支援「津波被害にあった標本を救おう」展
●トピックス展「こんな鳥が身近に」
●ミニ企画展「博物館実習生がみた丹波篠山」

【3】やっぱり化石から目が離せない~ 丹波の恐竜化石情報~
●展示特別企画「丹波と恐竜を知ろう2011―第5次発掘報告―」

【4】魅力いっぱいのひとはくセミナー
●人と自然のピクニック!
●深田公園うきうき探検隊

【5】トピックス
●ひとはくジオ・キャラバン「おもれェ~!山陰海岸ジオパーク」
●ひとはくミュージアムシアター「ゴーストマスター」
●ひとはくにいろんなところで会えるよ

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【1】 今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;* 
●「ひろめよう "ジオる"!?」
ジオキャラバン第一弾「新温泉町山陰海岸ジオパーク館」は、8月29日で
終了し2トントラックで30~31日に香美町海の文化館へ移動します。
まだまだ知られていないジオパークについて「瀬戸内海VS日本海」(昨年
の展示特別企画)の内容を中心に展示やセミナーで紹介します。ジオパーク
は「大地の公園」、大地に根ざすもの、すべてがジオパークの資源です。
「海の文化館」の今井さんは、ジオパークに関わることを「ジオる」と表現
してジオパークを盛り上げています。カニを食べること、クロボク(火山灰
のはいった黒土)に育まれた野菜を食べること、海中を楽しむシュノーケリ
ング、遊覧船から美しい風景を楽しむこと、玄さん(玄武洞のキャラクター)
と遊ぶこと..."ジオる"ネタを開発中のジオキャラバンです。 
  藤本真里(自然・環境マネジメント研究部)

●「いきものかわらばん」締切り迫る!
8月20日から「第2回ひとはく いきもの かわらばん」の募集が始まりました。
締切りは9月10日です。小・中・高校生のみなさん、さっそく書いて応募して
みましょう。提出がまだの人も、ユニークな作品をお待ちしています。
大谷剛(自然・環境マネジメント研究部)
かわらばんについては、こちら→
  http://hitohaku.jp/biodiv/kawara2011.html

●第13回ボルネオジャングル体験スクール
7月26日~8月2日の8日間、ボルネオ島・ダナンバレー自然保護区(マレ
ーシア・サバ州)で、第13回ボルネオジャングル体験スクールを実施しまし
た。
ジャングルの中で、日本では見られない、色々な動物や植物に出会いました。
本多淳二(生涯学習課)
本文はこちら→
  http://hitohaku.jp/blog/2011/08/post_1329/

●こんにちはフロアスタッフです。~9月のイベント紹介
みなさん、こんにちは(^ 0 ^)
夏休みはどのように過ごしましたか?今日は、9月のフロアスタッフのイベン
トを紹介します。
                       両角明子(フロアスタッフ)
本文はこちら→ http://hitohaku.jp/blog/2011/08/9/

【2】ひとはくの展示はちょっと違うぞ!
●夏休み展示特別企画「ファーブルたちの夏―昆虫の世界2011」
  日本のファーブルと称される学者の一人、常木勝次先生による昆虫の細密画
15点を展示しています。
この他、魅力いっぱいの展示について、こちらから→
  http://hitohaku.jp/64/index.html

☆むしむしポイントを集めよう~
集めて楽しい「むしむしポイントカード」。ひとはくに来館したり、セミナー
に参加したりするとポイントがもらえます。
来館するだけで、ポイントが2つもらえるダブルポイントデーは
9月17日(土)・18日(日)・19日(月・祝)。
9月中に、このメルマガを打ち出して来館された方には、来館ダブルポ
イントをプレゼント!(お1人様1回有効)
※ポイント・プレゼントをもらえるのは、10月2日(日)までです。

☆ファーブルたちの夏~昆虫の世界2011~連結開催会場
佐用町昆虫館では、いろんな昆虫にふれ、自由に虫とりができるよ。

連結開催会場については、こちら→ http://hitohaku.jp/64/satellite.html

●ミニ企画展 ひとはくの被災地支援「津波被害にあった標本を救おう」展
~9月30日(金)まで→
  http://hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2011/mini11.html#resc

●トピックス展「こんな鳥が身近に」
終了迫る!~8月31日(水)まで→
  http://hitohaku.jp/exhibits/topics/2011/topics11.html
次のトピックス展は9月3日(土)~です。お楽しみに♪

●ミニ企画展「博物館実習生がみた丹波篠山」
終了迫る!~8月31日(水)まで
  8月に丹波地域で実施した博物館実習の模様・成果を紹介。
→ http://hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2011/mini11.html#haku

【3】やっぱり化石から目が離せない~ 丹波の恐竜化石情報~
●展示特別企画「丹波と恐竜を知ろう2011―第5次発掘報告―」
間もなく終了。9月4日(日)まで。
9月4日には、研究員による解説もありますよ。
展示については→
  http://hitohaku.jp/top/kaseki_MIDASInews11.html
県立丹波並木道中央公園での発掘作業は?
→ http://hitohaku.jp/top/kaseki_20110720news.html

☆「発掘体験に挑戦したい!」人は、君も発掘隊員!恐竜化石発掘体験会
に参加しよう。8月の発掘体験には「丹波竜」のマスコットキャラクター
  ちーたんも応援にやって来たよ。
  9月は、18日(日)に実施されます。(整理券が必要)
→ http://hitohaku.jp/education/open_seminar.html#bo
  
【4】 魅力いっぱいのひとはくセミナー
●人と自然のピクニック!
みんな、明石公園へ集合~。楽しくピクニックをしよう♪
9月10日(土)午前11時30分~午後2時
→ http://hitohaku.jp/education/open_seminar.html#E9

●深田公園うきうき探検隊
研究員を隊長に深田公園を探検します。次回は「バッタとり」です。
誰が一番バッタをとれるかな?
9月24日(土)午後2時ひとはくサロンに集合
→ http://hitohaku.jp/top/11ukiukicalen/ukiuki1109.pdf

【5】トピックス
●ひとはくジオキャラバン「おもれェ~!山陰海岸ジオパーク」
来年の1月15日まで半年間かけて山陰海岸ジオパークの拠点施設
をまわります。
9月は香美町海の文化館です。→
  http://hitohaku.jp/geo/pdf/uminobunka.pdf

キャラバンの開催場所・期間はこちら→ 
  http://hitohaku.jp/geo/index.html

●ひとはくミュージアムシアター「ゴーストマスター」
神戸大学児童研究会による演劇。日本一こわーい おばけやしきのお話。
9月4日(日)午後1時~1時30分
チラシはこちら→
  http://hitohaku.jp/top/11event/pdf/museum2011.pdf

●ひとはくにいろんなところで会えるよ
  ○in瑞宝園( 神戸市北区有馬町1751)
・・・~8月31日まで。
  展示のようす→ http://hitohaku.jp/blog/2011/07/post_1290/

  ○in 神戸市立森林植物園(神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2)
~9月20日(火)(水曜日休園)
   特別展「不思議な植物キヨスミウツボ」
   兵庫県でも非常に貴重な植物のひとつキヨスミウツボの不思議な
  生活のようすを標本・パネル・植物画で紹介しています。
  展示については、神戸市立森林植物園のHP→
http://www.kobe-park.or.jp/cgi-bin/shinrin/news/index.cgi?mode=detail&file=event&select=1311828466

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
○博物館へのお問い合わせ
  所在地 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
  Tel 079-559-2001(代表)
  Fax 079-559-2007
  開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
○交通案内・詳細・地図は・・・≫・・・≫・・・≫
  http://hitohaku.jp/top/visitor_info.html
○発行元:兵庫県立人と自然の博物館 生涯学習課
  広報・出版支援担当
    登録/解除の方法は・・・≫・・・≫・・・≫
  http://hitohaku.jp/publications/mail_magazine.html
  このメールマガジンは、上記URLでいつでも登録/解除ができます。
  配送先の変更も、こちらで行ってください。
‡__‡__‡__‡__‡__


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.