ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


ひとはくレタ―第41号

2014年4月1日に当館WEBサイトを全面リニューアルしました。
「ひとはくレターバックナンバー」の第83号以前に記載されたウェブサイトへの一部アドレスはリンクエラーとなりますので、何卒、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
== ☆===ひとはくレタ―第41号 2010/9/29====*
   ◆☆◆ ★           
   ◆  ◆★◆⌒☆⌒★〓☆ ☆〓★⌒☆⌒★兵庫県立人と自然の博物館 
  ★                       http://hitohaku.jp
ひとはくレターご愛読のみなさん、こんにちは。そして今月から新規登録
していただいた、みなさん、はじめまして、どうぞよろしくお願いします。
  COP10(第10回生物多様性条約締約国会議)に合わせて開催される「生物
  多様性交流フェア」でのひとはくの出番は、間もなくです。ひとはくでは、
現在、出展に向けて着々と準備が進んでいますよ。
来月は、ひとはくと、COP10(名古屋)でも会いましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ○●今月のもくじ●○ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━9月29日(水)━
【1】今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;*
●新属新種ヤクシマコモチイトゴケの発見とその教訓
●10月は名古屋のCOP10で会いましょう
●こんにちはフロアスタッフです~毎日イベントを行っていますよ~
●深田公園松茸山計画!?

【2】ひとはく生物多様性大作戦!
●展示特別企画 「ひょうごの生物多様性 瀬戸内海vs日本海」好評展示中!!
●「ひとはく いきもの かわらばん」作品応募ありがとうございました!
"
【3】ひとはくの展示は、いつも見どころいっぱい!
●ミニ企画展 いきもの多様"製"絵画展「ゾウが描いたぞう・・・」
●トピックス展「インドネシア、ジャワ島パンガンダランで採集したシルバ
ールトンの食べる植物」

【4】ひとはくでは今、化石がおもしろい~ 丹波の恐竜化石情報~
●無尾類(カエル類)の全身骨格化石を好評につき引き続き公開中
●特別企画「化石大集合2010-過去に起こった生物大量絶滅事件」まも
なく始まります。

【5】魅力いっぱいのひとはくセミナー
●カワウ調査員大募集!!セミナー「リサーチプロジェクト カワウ」のご
案内

【6】トピックス
●ひとはくinひょうごエコフェスティバル

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【1】 今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;* 
●新属新種ヤクシマコモチイトゴケの発見とその教訓
屋久島と言えば、すぐ頭に浮かぶのは苔の豊富な場所ということ。一度は
ぜひとも訪れてみたい魅力的な島です。この屋久島から新属新種となる蘚
類ヤクシマコモチイトゴケを発見した経緯を紹介します。
秋山弘之(自然・環境評価研究部)
本文はこちら→
http://hitohaku.jp/blog/2010/09/post_890/

●10月は名古屋のCOP10で会いましょう
来月、生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)が愛知県名古屋市で開催さ
れます。会議場のそばでは、「生物多様性フェア」といって生物多様性に関
連する各種団体の展示が行われます。
「ひとはく」も10/18~29に参加します。
もちろん立ち寄ってもらいたいのですが、魅力は国内外からの200以上の団
体の展示です。
ふだんは県内で活動するみなさんもよそを知る良い機会です。

ただ、あまりに多いのでどうしようという方のために「COP10ちょっと見学
ツアー」を毎日午後用意しました。
ひとはく研究員がおすすめの展示を30分ほど案内します。
10月23日(土)・24日(日)は岩槻館長自らの案内です。
名古屋は近いです。お待ちしています。
                  鈴木 武(COP推進タスクフォース)

詳しくはこちらから
http://hitohaku.jp/biodiv/cop10.html

●こんにちはフロアスタッフです~毎日イベントを行っていますよ~
私たちフロアスタッフは、毎日小さなお子様から大人の方まで楽しんでいた
だけるイベントを行っていますよ~(^^)/
うきうきカレンダーでチェックして、ぜひひとはくへお越しくださいね。

うきうきカレンダーはこちら→
http://hitohaku.jp/top/10ukiukicalen/ukiuki1010.pdf

スタッフ一同、心よりお待ちしています。
笹山 由利子(フロアスタッフ)
本文はこちら→ http://hitohaku.jp/blog/2010/09/post_888/

●深田公園松茸山計画!?
深田公園で毎木調査をしました。いずれは松茸が復活するかもと夢は大きく
膨らみます。
                       藤原玉規(人と自然の会)
本文はこちら→ http://hitohaku.jp/blog/2010/09/post_889/

【2】 ひとはく生物多様性大作戦!
●展示特別企画 「ひょうごの生物多様性 瀬戸内海vs日本海」好評展示中!!
展示期間:~12月26日(日)
展示場所:2階企画展示室ほか

研究員によるギャラリートーク・「チリメンモンスターをさがそう!」など
の関連イベントはこちらから→
http://hitohaku.jp/exhibits/2010/umi_kikaku.html#mon

展示特別企画については、こちら→
http://hitohaku.jp/biodiv/biodiv_index.html#vs

●「ひとはく いきもの かわらばん」作品応募ありがとうございました!
「かわらばん」へたくさんの応募をいただき、ありがとうございました。
応募作品はすべて、ひとはくに展示します。一部の作品は名古屋市で開催さ
れるCOP10の会場「生物多様性交流フェア」に出展されます。
また、館長賞、研究員賞、そして、新聞記者が選ぶ三田市政記者クラブ賞の
表彰もありますよ。
11月7日(日)に「ひとはくフェスティバル」で表彰式をおこないます。
お楽しみに!
かわらばんって?→
http://hitohaku.jp/biodiv/school_visit.html
http://hitohaku.jp/blog/2010/08/post_857/

【3】 ひとはくの展示は、いつも見どころいっぱい
●ミニ企画展 いきもの多様"製"絵画展「ゾウが描いたぞう・・・」
横浜市立よこはま動物園ズーラシアの2頭のゾウが鼻で描いた肖像画をはじ
め、さまざまな絵画を展示。
動物園で結婚式に描いた「ハート」もありますよ。
実際にゾウが絵を描く映像も上映中~。
展示場所には、ノートを置いています。是非ゾウが描いた絵を見てメッセー
ジを残してくださいね~。
展示は、いよいよ10月6日(水)までです。→
http://hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2010/mini10.html#zou

●トピックス展「インドネシア、ジャワ島パンガンダランで採集したシルバー
ルトンの食べる植物」
3階トピックスコーナーに10月31日まで展示しています。→
http://hitohaku.jp/exhibits/topics/2010/topics10.html

【4】 ひとはくでは今、化石がおもしろい~ 丹波の恐竜化石情報~
●無尾類(カエル類)の全身骨格化石を好評につき引き続き公開中
記者発表内容については、こちらから→
http://hitohaku.jp/press/2010/20100805/archaeobatrachia.html

●特別企画「化石大集合2010-過去に起こった生物大量絶滅事件」
まもなく始まります。
恐竜化石のほか、古生代、中生代、新生代の化石を展示します。
自然界に起こる大量絶滅って、一体どんなことが起きるの?
分かりやすく展示します。
展示についてはこちらから→
http://hitohaku.jp/exhibits/kaseki2010/kaseki2010.html

毎週日曜に実施、研究員による「恐竜ラボ&展示解説」は、こちら→
http://hitohaku.jp/education/open_seminar.html#A1

丹波の恐竜化石についての最新情報は、随時HPで紹介していきます。
お楽しみに♪
→ http://hitohaku.jp/top/kaseki_news.html

【5】 魅力いっぱいのひとはくセミナー
●カワウ調査員大募集!!セミナー「リサーチプロジェクト カワウ」のご
案内
カワウは、近年急速に増え、食用魚を食べることで問題になっています。『
野生動物が生きていく場所』と『人間の営み』。私たちはどのようにバラン
スをとっていったらよいのでしょうか。全3回行い、最終的には参加者のデ
ータをあわせて兵庫県内のカワウマップをつくります。セミナー後も希望者
にはカワウ調査員となっていただき、継続してカワウのモニタリングに参加
していただきたいと考えています。
みんなでカワウを調べましょう。

対  象:中学生~大人(定員20名)
参 加 費:600円(3回分)※傷害保険含む
申込締切:2010年10月8日(金)
講  師:遠藤研究員
日  程:10/9、10/23、12/4(いずれも土曜日、全3回) 13:10~16:30
場  所:博物館・武庫川

申し込みはこちら→ http://hitohaku.jp/education/10syousai/D14.html

【6】トピックス
●ひとはくinひょうごエコフェスティバル 
テーマは「いきもの いろいろ  おりがみ&缶バッチ」!
ひとはくのスタッフと一緒につくる生きもののおりがみや、研究員おすすめ
生き物缶バッチの販売もあります。
大人気のタヨウ星人との記念撮影もできますよ!
ひとはくのテントはエコフェスティバル入口付近にあります。探してみてね。
タヨウ星人ポイントを2つ押しちゃいます!
   日時:10月16日(土)・17日(日)10:00~16:00
   場所:兵庫県立有馬富士公園 休養ゾーン
        (千丈寺湖畔 三田市尼寺968番地)

いつものありまふじフェスティバルは福島大池がある出会いのゾーンでやっ
ています。ピストン輸送するバスがたくさん走りますので、2つの会場をめ
ぐる「豪華景品付き きらっと★ありまふじスタンプラリー」にぜひ挑戦し
てください!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
○博物館へのお問い合わせ
  所在地 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
  Tel 079-559-2001(代表) 
Fax 079-559-2007
  開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
○交通案内・詳細・地図は・・・≫・・・≫・・・≫
http://hitohaku.jp/top/visitor_info.html
○ 発行元:兵庫県立人と自然の博物館 生涯学習課 
広報・出版支援担当
    登録/解除の方法は・・・≫・・・≫・・・≫
http://hitohaku.jp/publications/mail_magazine.html
このメールマガジンは、上記URLでいつでも登録/解除ができます。
配送先の変更も、こちらで行ってください。
‡__‡__‡__‡__‡__

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.