ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


ひとはくレター第107号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 =====ひとはくレタ― 第107号 2016/1/15====*
  
☆☆新年 あけましておめでとうございます ☆☆
  研究や調査、展示の裏話、新発見や季節の話題など
  できるだけ新鮮な情報をお伝えします。
  今年もご愛読をお願い致します。
                            兵庫県立人と自然の博物館
                            http://www.hitohaku.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ○●今月のもくじ●○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━1月15日(金)━━━
【1】超びっくり!!お年玉ニュース!!
 ●丹波竜化石発見地周辺における化石試掘調査の実施結果
【2】今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;*
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして74
   放送音が聞こえるか?
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして75
  『バリアフリー・コンフリクト』を読む-1
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして76
  『バリアフリー・コンフリクト』を読む-2
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして77
  『バリアフリー・コンフリクト』を読む-3
 ●こんにちはフロアスタッフです~あけましておめでとう ございます。
【3】ひとはくの展示いろいろ
 ●巡回展「古写真から紐解く草原植生と利用の変遷~
  六甲山地 東お多福山草原のいま・むかし~」の開催
 ●ひとはく研究員展2016「ひとはく研究の今」
【4】小さな子どもたちも楽しめるプログラムがいっぱい
 ●Kidsサンデー
【5】インフォメーション
 ●第11回共生のひろば開催
 ●ひとはく探検隊「海の生き物探検」
 ●メンテナンス休館のお知らせ
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
【1】超びっくり!!お年玉ニュース!!
 ●丹波竜化石発見地周辺における化石試掘調査の実施結果
  丹波竜発掘現場脇(丹波市山南町上滝地内)において、獣脚類恐竜もしくは鳥類と
  考えられる非常に小型の卵化石等が、密集した状態で複数発見されました。
  世界的にも極めて稀であり、恐竜類・鳥類の繁殖行動の進化を解明する上で貴重な
  ものであるといえます!
  2月6日(土)~2月28日(日) 県立人と自然の博物館にて一部を標本展示します。
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/research/h-research/kaseki-20160108news.html
  http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201601/0008705733.shtml
【2】今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;*
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして74
  放送音が聞こえるか?
  博物館に集まっていただいて、〈ことば〉の大切さを調べる聴覚実験をしています。
  目的は、来館者の多数を占める若い人から高齢の方まではどんな放送が聞きやすいか
  どうすれば、わかりやすい放送になるのかを考えておくことは、とても大切なのです。
  (文中より抜粋)
  詳細は こちらから →
   http://www.hitohaku.jp/blog/2016/01/post_2105/ 
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして75
  バリアフリーが浸透したはずの社会のあちこちで、二次的なバリアー、
  つまり新たな障壁が目立っているのです。
  そのバリアーにはどう対処したらいいのだろうと考えて書いたのが、
  この『バリアフリー・コンフリクト』です。(文中より抜粋)
   『バリアフリー・コンフリクト』を読む-1
   『バリアフリー・コンフリクト 争われる身体と共生のゆくえ』 (1) という本を読みました。
   詳細は こちらから →
   http://www.hitohaku.jp/blog/2016/01/post_2106/
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして76
  『バリアフリー・コンフリクト』を読む-2
   前回から『バリアフリー・コンフリクト』という本を読んだ感想を書いています。
   詳細は こちらから →
   http://www.hitohaku.jp/blog/2016/01/post_2107/
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして77
  『バリアフリー・コンフリクト』を読む-3
   さらに『バリアフリー・コンフリクト』を読んだ感想の続きです。
   詳細は こちらから →
   http://www.hitohaku.jp/blog/2016/01/post_2108/
 ●こんにちはフロアスタッフです~ あけましておめでとう ございます。
  2016年1月4日(月)フロアスタッフとあそぼう♪では
  「干支のおもちゃをつくろう!」を行いました(*^^)v
   今年はサル年ということで、サルの仲間の「オランウータン」を題材としたのぼる
   おもちゃを作りました。
   詳細は こちらから →
   http://www.hitohaku.jp/blog/2016/01/post_2104/
   2月のイベントのお知らせは こちら→
   http://www.hitohaku.jp/infomation/event/event16-2.pdf
   2月のイベントカレンダーはこちら →
   http://www.hitohaku.jp/MusePub/EventCalendar/?year=2016&month=2
【3】ひとはくの展示いろいろ
 ●巡回展「古写真から紐解く草原植生と利用の変遷~
  六甲山地 東お多福山草原のいま・むかし~」が開催されます。
  かつて、六甲山地に位置する東お多福山には、ススキが優占する広大な面積(約83ha)の
  草原が広がっていましたが、戦後の植林や土地開発、草原管理停止による森林への遷移
  により、現在は約9haにまで面積が縮小しています。
    展示期間 平成28年1月29日(金)~2月8日(月)
    展示場所 神戸市立灘区民ホール
   詳細は こちらから →
   http://www.hitohaku.jp/blog/2015/09/higasiotafukuyama/
 ●ひとはく研究員展2016「ひとはく研究の今」
  当博物館の研究員が日々おこなっている研究の最新の動向を来館者に分かりやすく
  紹介し、調査・研究することの面白さを伝えます。
    展示期間 平成28年2月11日(木・祝)~4月3日(日)
    展示場所 兵庫県立人と自然の博物館 3階オープンギャラリー
    展 示 物   兵庫県立人と自然の博物館研究員31名による研究紹介パネルの展示
【4】小さな子どもたちも楽しめるプログラムがいっぱい
 ●Kidsサンデー
  毎月第1日曜日は「Kids(キッズ)サンデー」
  2月はメンテナンス休館のためお休みをいただき
  次回は、3月6日(日)に開催いたします。
  小さな子どもたちも楽しめるプログラムを沢山ご用意しています。
  ご家族でぜひ遊びに来てください。
  前回(1月3日)の内容は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/blog/2016/01/2016/
【5】インフォメーション
 ●第11回共生のひろば開催
  ひとはく地域研究員やひとはく連携活動グループをはじめ、地域の自然・環境・文化を自ら
  学び伝える活動を行っている方々が、お互いの活動を知り、活動の質をあげ、新たな展開の
  ヒントを得る場として「共生のひろば」を本年度も開催します。
  聴講の事前申し込みは不要となりました。どなたでも自由に参加できます。
  (ただし観覧料が必要)
     日  時 2月11日(木・祝) 午前10時から午後5時
     場  所 兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロンおよびセミナー室
  作品展示は2月11日(木・祝)~4月3日(日)まで「共生のひろば展」として
  4階ひとはくサロンにて展示します。
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/infomation/event/kyousei11th.html
 ●ひとはく探検隊「海の生き物探検」
  2月はメンテナンス休館のためお休みをいただき
  次回は、3月13日(日)に開催します。
  隊長は和田研究員です!ひとはくで貴重な海の生き物に出会えるかも?
  さあ、みなさん海の生き物探検に出発です!
     時 間:13:00~(所要時間約1時間)
     場 所:4階ひとはくサロンに集合
     定 員:20名
     参加費:無料
  当日10:00から4階インフォメーションカウンターにて、参加申し込みの受付を開始。
  定員になり次第終了します。
 ●メンテナンス休館のお知らせ
  1月6日(水)~2月5日(金)まで、全館メンテナンスのため休館しています。
  2月6日(土)より開館いたします!
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
○博物館へのお問い合わせ
 所在地 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
 Tel 079-559-2001(代表)
 Fax 079-559-2007
 開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
○交通案内・詳細・地図は・・・≫・・・≫・・・≫
  http://www.hitohaku.jp/infomation/access.html
○発行元:兵庫県立人と自然の博物館 生涯学習課
広報・出版支援担当
  登録/解除の方法は・・・≫・・・≫・・・≫
  https://secure.hitohaku.jp/MusePub/ml/
このメールマガジンは、上記URLでいつでも登録/解除ができます。
配送先の変更も、こちらで行ってください。
_‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.