ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


ひとはくレタ― 第120号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 =====ひとはくレタ― 第120号 2017/2/22====*
 
                             兵庫県立人と自然の博物館
                             http://www.hitohaku.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ○●今月のもくじ●○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2月22日(水)━━━
【1】今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;
 ●「第12回共生のひろば」が開催されました!
 ●ひとはくKidsキャラバン~三木市立志染保育所~
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして88~水木しげるさんの「幸福の七カ条」
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして87~アートと哲学
 ●第9回サイエンスフェアin兵庫にブースを出展
【2】ひとはくの展示いろいろ
 ●ミニ企画展「ひとはく研究員展2017「ひとはくの今」」
 ●ミニ企画展「淡路島の和泉層群北阿万層の化石調査」
 ●ミニ企画展「六甲山のキノコ展2017~野生のキノコの不思議な魅力~」
 ●トピックス展「兵庫県で見つかる『トリュフ』の仲間」
【3】小さな子どもたちも楽しめるプログラムがいっぱい
 ●Kidsサンデー
【4】インフォメーション
 ●生物系収蔵庫ツアー
 ●ドリームスタジオ「自然を封入しよう!」
 ●はかせと学ぼう!~アンモナイト石けんをつくろう!~
 ●ひとはく探検隊「早春の植物を観察しよう!」
 ●イベントのお知らせ
 ●人と自然の博物館入口のご案内(詳説)
 ●セミナーガイド2017まもなく完成
 ●ハーモニー96号3月初旬発行
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
【1】今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;*
 ●「第12回共生のひろば」が開催されました!
  2006年からはじめて、12 回目となりました。開催した発表会では、口頭発表・ポスター
  発表等を合わせて80件を超えるの発表があり、活発な情報交換ならびに交流がおこ
  なわれました!
  子どもからシニアの方、自然観察を始めて間もない方、超プロフェッショナルの方、
  どなたでも参加できるのが「ひとはく」のいいところですね!
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/blog/2017/02/200612_80/
 ●ひとはくKidsキャラバン~三木市立志染保育所~
  三木市立志染保育所へ、Kidsキャラバンに行ってまいりました。
  さわれる化石のコーナーでは、まだ化石って何?というちっちゃな子も、ふしぎな形を
  楽しみます。
  「恐竜キュープパズル」を見守るのは、「かんちょうせんせい」。
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/blog/2017/01/_kids/
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして88~水木しげるさんの「幸福の七カ条」
  ずっと不思議に感じていることがあります。
  それはあまりに多くの若者がゲームに夢中になっていることです。
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/blog/2017/02/post_2283/
 ●ユニバーサル・ミュージアムをめざして87~アートと哲学
  高次脳機能障がい者や失語症者の皆さんといっしょに、当事者に聞きやすい
  公共放送のあり方を探っています。実験的に作ったサンプルを視聴してもらい、
  聞きやすいとか、よくわからないといったことを教えてもらうのです。
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/blog/2017/01/post_2281/
 ●第9回サイエンスフェアin兵庫にブースを出展
  兵庫県立人と自然の博物館は、1月29日(日)に開催された
  第9回サイエンスフェアin兵庫にブースを設け出展しました。
  今回も1500名を超える高校生などが参加し、科学技術分野における研究や実践発表の
  場として口頭発表やポスター発表が行われアカデミックな熱気がいっぱいです!
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/blog/2017/01/9in/
【2】ひとはくの展示いろいろ
 ●ミニ企画展「ひとはく研究員展2017「ひとはくの今」」
  展示室の裏側にある研究室ではどんなことが行われているのか。
  博物館の研究員が日々行っている研究の、最新動向を来館者にわかりやすく紹介します。
  展示概要
   (1)期 間:平成29年2月11日(土・祝)~4月2日(日)
   (2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 3階 オープンギャラリー
   (3)展示物:人と自然の博物館研究員による研究紹介パネル32点
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/eseach-activities2017.html
 ●ミニ企画展「淡路島の和泉層群北阿万層の化石調査」
  北阿万層の化石群を展示し、地層や化石産状についても公開します。
  展示概要
  (1)期 間:平成29年2月12日(日)~4月1日(土)
  (2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロン
  (3)主 催:兵庫古生物研究会、兵庫県立人と自然の博物館
  (4)展示物:北阿万層産出のアンモナイト、貝類、棘皮動物、甲殻類、
        魚類等の化石標本(展示ケース2台)、解説・写真パネル(計5枚程度)        
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/awajikaseki2017.html
 ●ミニ企画展「六甲山のキノコ展2017~野生のキノコの不思議な魅力~」
  この展示は、当館および兵庫県立御影高等学校、兵庫きのこ研究会との共同開催となります。
  平成21年から今年で9回目の展示会の開催となります。
  展示概要
  (1)期 間:平成29年2月11日(土・祝)~5月26日(金)
  (2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 2階ひとはく多様性フロア
  (3)主 催:兵庫県立御影高等学校・兵庫県立人と自然の博物館
  (4)協 力:兵庫きのこ研究会、神戸市立森林植物園
  (5)展示物:平成20~28年に採集したキノコを特殊処理した含浸標本および
        樹脂封入標本について、約500種類、600点を展示します。
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/rokkokinoko2017.html
 ●トピックス展「兵庫県で見つかる『トリュフ』の仲間」
  キノコは地上にはえるものばかりではなく、中には一生のほとんどを地面の下で過ごす
  キノコもあり、それらは地下生菌と呼ばれています。
  展示概要
  (1)期 間:平成29年2月21日(火)~4月23日(日)
  (2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館(ひとはく) 3階トピックス展示コーナー
  (3)主 催:兵庫県立人と自然の博物館
  (4)協 力:西山 農(ホンセイヨウショウロ採集者)、
        山上公人・室井哲夫(資料提供 兵庫きのこ研究会)
  (5)展示物:白トリュフ 『ホンセイヨウショウロ』 Tuber japonicum
        国内各地、特に兵庫県内で見つかる様々な地中性菌類           
        イボセイヨウショウロ Tuber indicum(黒トリュフ代用品として国内でも販売)     
        ショウロ(松露) Rhizopogon roseolus                        
        ツチグリ(土栗) Astraeus hygrometricus  など
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/hyogotruffe2017.html
【3】小さな子どもたちも楽しめるプログラムがいっぱい
 ●Kidsサンデー
  次回は、3月5日(日)に開催いたします。
  小さな子どもたちが楽しめるプログラムをたくさん用意しています。
  ご家族でぜひ遊びに来てください。
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/infomation/event/kidssunday17-3.pdf
【4】インフォメーション
 ●生物系収蔵庫ツアー
  ふだん非公開の生物系収蔵庫を特別公開します。
  (1)日 時:平成29年3月4日(土) ①13:00~13:30 ②15:00~15:30
  (2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 生物系収蔵庫
  (3)受 付:各回30分前から2階展示室化石工房前にて
  (4)定 員:各回20名
  (5)参加費:無料
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/seminar/open.html#_F
 ●ドリームスタジオ「自然を封入しよう!」
  身近な自然をテーマにして、見たり聞いたり触ったりと五感をフルに使って体験することができます。
  (1)日 時:平成29年3月19日(日) ほか午後1時~3時
  (2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階実習室
  (4)受 付:12:30~4階実習室前カウンターにて
  (5)定 員:25名(小学生以上対象)
  (6)参加費:300円
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/seminar/open.html#_G
 ●はかせと学ぼう!~アンモナイト石けんをつくろう!~
  アンモナイトのシリコン型に石けん素材を流し込み、アンモナイト化石のレプリカを作製します。
  (1)日 時:平成29年3月25日(土) 午後1時から午後3時
  (2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階オープンラボ
  (3)受 付:午前10:00~4階インフォメーションにて
  (4)定 員:60名
  (5)参加費:300円
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/seminar/open.html#_A
 ●ひとはく探検隊「早春の植物を観察しよう!」
  深田公園で春の植物を観察します。
  (1)日 時:平成29年3月26日(日) 午後1時から午後2時
  (2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロンに集合
  (3)受 付:午前10:00~4階インフォメーションにて
        定員になり次第終了します。                   
  (4)定  員:20名
  (5)参加費:無料
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/seminar/open.html#_H
 ●イベントのお知らせ
  ひとはくでは毎日何かのイベントがあります。イベントスケジュールで
  チェックして来館すればさらに楽しめます
  オープンセミナーの情報は、「イベントスケジュール」からどうぞ!!
  3月のイベントのお知らせはこちらから →
  http://www.hitohaku.jp/infomation/event/event17-3.pdf
  3月のイベントカレンダーはこちら →
  http://www.hitohaku.jp/MusePub/EventCalendar/?year=2017&month=3
 ●人と自然の博物館入口のご案内(詳説)
  初めてひとはくへ電車やバスで来館される方向けに、写真付きの詳しい案内を掲載しました。
  詳細は こちらから →
  http://www.hitohaku.jp/infomation/access/train-bus.html
 ●セミナーガイド2017まもなく完成
  来年度(2017年度)の一般セミナー、オープンセミナー等の日程をまとめた
  「セミナーガイド2017」は、3月初旬発行の予定です。
  来年は、開館25周年を記念したセミナーも予定されています。
 ●ハーモニー96号3月初旬発行
  ハーモニー(ひとはく新聞)96号は、3月初旬に発行の予定です。
  特集は、「ひょうごの植物の多様性を未来に伝える取組み~ジーンバンク事業」です。
  コラムは、「海浜植物ウンランの保全に向けて」です。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
○博物館へのお問い合わせ
 所在地 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
 Tel 079-559-2001(代表)
 Fax 079-559-2007
 開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
○交通案内・詳細・地図は・・・≫・・・≫・・・≫
  http://www.hitohaku.jp/infomation/access.html
○発行元:兵庫県立人と自然の博物館 生涯学習課
        広報・出版支援担当
  登録/解除の方法は・・・≫・・・≫・・・≫
  https://secure.hitohaku.jp/MusePub/ml/
このメールマガジンは、上記URLでいつでも登録/解除ができます。
配送先の変更も、こちらで行ってください。
_‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.