動く大地

多くの生命を育んできた地球そのものが我々生物と同様にダイナミックな存在であることをプレートテクトニクスの概念を中心にして説明します。

地球を構成する物質と構造  音声ガイドはこちら

半径6,400kmの地球は中心部から外側に向かって内核→外核→マントル→地殻の順に重なった同心円状の構造をしています。地球はさまざまな岩石や鉱物から出来ています。


ひょうごの岩石と鉱物

5億年の歴史をもつ兵庫県の大地は、さまざまな岩石と鉱物から造られています。日本列島がユーラシア大陸の一部であった2億年以上前に、海洋プレートの沈み込みにより造られた蛇紋岩やヒスイ。6~8千万年前の激しい火山活動で生まれた鉱床から産出する金・銀・銅・錫などの金属。これらの岩石と鉱物は、日本列島に人が住み始めた古代から今にいたるまで、私たちの生活と深くかかわってきました。日本でも稀な白いヒスイや多くの鉱山から産する多様な鉱石を材料として、兵庫県の岩石や鉱物の特色に迫ります。

1 hisui.JPG     original2.JPG
  養父市大屋町加保のヒスイ輝石岩           生野鉱山から産出する錫石鉱  
  (クドウ地科学コレクションより)          (クドウ地科学コレクションより) 

岩石に残る地球磁場の記録  音声ガイドはこちら

兵庫の土台ができるまで  音声ガイドはこちら


世界の森 生物の歴史

1F展示室に戻る


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.