丹波の恐竜化石

丹波の恐竜化石

kilyorilyu_.jpg   P1030473.JPG

3Ftanbakaseki1.jpg 3Ftanbakaseki2.jpg

2006年8月に丹波市で同市在住の村上茂・足立洌の両氏により発見された大型のティタノサウルス形類恐竜化石は、長年の発掘調査・研究の結果、2014年8月に新属新種の恐竜、Tambatitanis amicitiae gen. et sp. nov. (タンバティタニス・アミキティアエ)と記載命名されました。発掘調査では他にも多くの貴重な化石が産出しており、本展示ではこれまでの発掘調査の軌跡をたどるとともに、最新の研究成果をご紹介します。

 
 

    恐竜化石発掘の情報はこちら        3F展示に戻る









Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.