共生の森

ラフレシア

ラフレシア科に属する寄生植物で、ブドウカズラの蔓(つる)に寄生する。葉も茎もなく花だけが咲く。世界最大の花ともいわれ、大きなものでは直径1mほどになる。展示している標本はケイティ・ラフレシアという種。封入標本はシリコン封入、ジオラマ標本はウルシ樹枝を塗布して固めてある。

オランウータン

ヒト以外では最も高等な霊長類の一種。マレー語で「森の人」を意味する。マレーシアのサバ州サンダカンの近くのセピログというところに、密猟や事故などで親を失った子供のオランウータンを育て、野生へ戻すリハビリセンターがある。展示された剥(はく)製は、そこで病死した若い個体(オスとメス)。

1F展示に戻る


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.