第3回高校生のための生き物調査体験ツアーin台湾」2日目です。今日は午前中に台北市立動物園から、バスで2時間ほどの距離にある東眼山自然教育センターにやってきました。
この施設は標高1000メートル近くの場所にあり、動物園とは生物相が異なります。
特に今日は過去2回の開催で見られなかった生物がたくさん観察でき、高校生たちも興奮の1日を過ごしました。
本日のプログラム
・野鳥観察
・東眼山に移動
・東眼山自然教育センター指導員による施設や周辺で見られる生物の解説
・遊歩道沿いでの生物観察
・夜間観察

このツアーでは、台湾の主催者側がたくさんのフルーツを準備してくださいます。
今日は日本ではなかなか見ることのできない生のライチが出ました。日本で食べられる冷凍のライチと違い、非常にみずみずしくて美味しいです。日本の高校生たちは、ライチの簡単な剥き方を教わりながら、たくさん頬張っていました。
東眼山は奥深い地にあり、通信環境があまりよくありませんが、可能な限り高校生たちの様子をお伝えします。

   P8020266.JPG   P8020281.JPG

  P8020299.JPG    P8020321.JPG

  P8020407.JPG    P8020441.JPG 

  P8020463.JPG    P8020362.JPG

  P8020626.JPG    P8020533.JPG                         
  
   IMG_8521.JPG       
                                                   
                     公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会
                                佐々木洋平
Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.