5月22日(日)に、ひとはく探検隊「木の花をさがそう!」を行いました。
朝からお申し込みをいただき、満員御礼となりました。

初夏と言うには暑すぎる中、多数ご参加くださいましてありがとうございます。

早速、たんけん隊長の半田久美子研究員と博物館の外に出て、木に咲く花をさがします。

「小さなつぼみも見逃さないように。よーくさがしましょう!」
s-P1090088 .jpg  s-P1090085.jpg

「あっ!なにかついてる!」
「桜の花が散ったあとに、サクランボができてますね~」
s-P1090090.jpg
「オープン・ラボに戻って、観察してみよう!」

「それでは、花と花ではないものをそれぞれ別のテーブルに分けてみましょう!」
s-P1090100 .jpg  s-P1090102 .jpg
ヤマボウシ、クリ、ツツジ(オオムラサキ)、ザクロ、イヌツゲ、ヤブウツギ、トベラ、シャリンバイ、イロハモミジ、オオバボダイジュ、シナノキ、コナラなど

子顕微鏡を使って、大きく拡大して見てみましょう。
s-1P1090110.jpg
「ヤマボウシの花は白い?」          「花をよく見てみましょう!」
P1090155.gif s-P1090126.jpg


「実はこれがヤマボウシの花の集まりです。」 「つぼみに十の形の割れ目が開いて花がさきます。」        
s-ヤマボウシ.jpgs-IMG00032.jpg
花弁のように見えていた白い部分は、苞(ほう)と言います。花を目立たせるための工夫だそうです。


「これは、クリの花です。一本がひとつの花のように見えますが、大きくして見ると小さな花の集まりであるのがよくわかります」
s-P1090157.jpg


  
s-クリ(雄花).jpgs-クリ(雌花).jpg
      (左)クリの雄花     (右)クリの雌花
    


サクランボも大きくして見ると、何かにかじられたあとが!

でも、セーフ!タネはかじられていませんでした。
s-P1090115.jpg

s-P1090077.jpg

普段は見過ごしてなかなか気が付きにくいのですが、木をよく見てみると花が咲いていることがわかりました。
ドングリやクリなど実を付ける木には必ず花が咲きます。みなさんも観察してみてください。

半田研究員のセミナーはこちら
フロアスタッフのひとたんはこちら をクリック!

0522kinohananonamae.jpg

(フロアスタッフ いしくら まきこ・てらお ゆみこ)
Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.