最後は硬い?石の紹介です。

eto-uma36.jpg

















メノウは石英の非常に細かい結晶が網目状に集まって固まった「玉髄」の一種です。
オパール、石英などが層状に岩石の空洞に沈殿してできた鉱物です。
石の見かけが馬の脳に似ているため、「瑪瑙」となったとされています。
 白、黒、青、赤、緑など美しい色どりがあり、装飾品に使われます。古代には勾玉として利用されました。硬い性質から、乳鉢にも加工されます。

eto-uma38.jpg

















ロシア沿海州の海岸に打ち上げられていたメノウの小石です。

eto-uma37.jpg

















「サードニクス」と呼ばれるメノウの一種です。
白色と紅色の縞目に彩られています。宝石としても利用され、「8月の誕生石」です。

eto-uma39.jpg















金属イオンを染み込ませて焼き付けることで、メノウに色づけすることもできます。
いくつかさわれるように展示していますので、手に持ってみて下さい。

(鈴木武)
Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.